生徒募集のお知らせ

令和4年度

 

〇一般入学者選抜PDF版はこちら

 画像をクリックすると拡大されます。

〇推薦入学者選抜PDF版はこちら

 画像をクリックすると拡大されます。

 

本校に進学希望の皆さんへ

【本校に進学希望の皆さんへ】


 愛媛県立松山南高等学校 学校紹介動画2021(3分36秒) 
     ↓ 下の画像をクリックすると学校紹介動画を見ることができます。

 


令和3年度「学校案内パンフレット」「理数科リーフレット」「松南理数科は、こんな人に最適!!」

    下の画像をクリックすると、学校案内、理数科リーフレット、松南理数科は、こんな人に最適!!が見られます   ↓ 

       

   
 

本校は、令和3年12月6日(月)から12月9日(木)の3泊4日で北海道修学旅行に行きました。
 多くの貴重な経験や思い出ができました。修学旅行の様子はこちらを御覧ください。

 

 






「人とつながる」「世界とつながる」「未来とつながる」

 多くの「つながり」を生かした最新の学びで、全国2位の現役国公立大学進学率を実現!

 〇令和3年度 国公立大学合格者数 285名(内 現役生276名)
           (R2 288名, R1 260名, H30 265名, H29 241名, H28 237名)
 《全国 国公立大学「現役」進学率 西日本1位(全国2位)、国公立大学合格者数 愛媛県1位(サンデー毎日調べ)※詳細はこちら

◆難関10大学 26名
(東京大学1名、名古屋大学2名、大阪大学3名、神戸大学11名、九州大学9名)
◆愛媛大学医学部医学科 1名
◆岡山大学 27名、広島大学12名、愛媛大学95名

 

 松山南高校は「令和3年度・4年度進路指導研究指定校」に愛媛県教育委員会から指定を受け、文部科学省が示している「新しい学び(個別最適な学び、協働的な学び)」の研究・実践を行っています。


 

①最新のICTを活用した教育
 一人一台端末、AIを使ったデジタル問題集、Microsoft365、ロイロノートなどの教育支援アプリを活用した最先端の教育環境を整備し、アナログとデジタルのバランスの良い教育で、生徒の主体性・思考力・判断力・表現力を育成


②文部科学省指定のSSHで日本の最先端の産学連携教育
 文部科学省指定「スーパーサイエンスハイスクール SSH(先導的改革型)」で、海外・国内の大学・高校、最先端企業と連携した様々なプログラムや先進教育であるSTEAM教育で生徒のコミュニケーション能力・論理的思考力・科学的思考力・創造力を育成


③海外の高校との国際共同研究や海外の大学と連携した最先端の国際性育成教育
 ハワイのWaipahu High School(ホノルル)、Maryknoll High School(ホノルル)、Pearl City HighSchool、台北市立建國高級中学(台湾)の高校と年間を通じて継続した連携や国際共同研究、ハワイ大学と連携したSTEAM教育、
アメリカコネチカット大学への海外研修で英語コミュニケーション能力や国際性を育成

 

 

あたたかなみなみ

 松山南高校では、共通テストに向かう3年生に感謝と合格の祈りを込めて、全校生徒が「合格ッキー」(ごうかくっきー)をつくり、一人一人にメッセージを添えて、3年生に渡しています。
 令和2年度は、新型コロナウイルス感染症により、全校生徒が「合格ッキー」の代わりに、「合格梅お守り」を作成し、3年生に贈呈しました。
厳しい冬を乗り越え、春に先駆けて美しく咲き、運命向上の意味を持つ「梅」に気持ちを託しています。
 松山南高校は、このように「互いのことを思いあう、あたたかな学校」です。

 

松山南高校へ進学希望の中学生の皆さん、保護者の皆様へ
松山南高等学校「学校紹介ビデオ」を作成しました。また、運動会や文化祭の様子を、学校公式YouTubeにアップしています。
松山南高校の「他校にない先進的な取組」、「日々の生徒たちの充実した学校生活」、「
先輩たちの楽しい学校生活の様子」は松山南高校公式YouTubeを御覧ください。
松山南高校公式YouTubeはこちらです。


《松山南高校の魅力》

◆高いレベルの文武両道(普通科・理数科)、バランス良く取り組めるカリキュラム

 楽しく充実した高校生活を送るには、学習、学校行事、部活動をはじめとした諸活動のバランスが重要です。松山南高校では、これらの諸活動をバランスよく取り組むことができるカリキュラムが組まれており、思い出に残る充実した日々をすばらしい仲間と過ごすことができます。
 皆さんの先輩は、校訓「自らを律せよ」のもと、高い志を持ち、集中した取組により、進学においても、部活動においても、SSHなどの諸活動においても、高いレベルの成果をおさめています。また、さまざまな学校行事により友情を深め合い、心身ともに健全な人格を形成しています。





《南高の他校にない魅力》


多くの部活動が全国大会出場
  令和元年度 全国大会出場 ダンス部、登山部、弓道部、ホッケー部、陸上競技部、囲碁将棋部、美術部、放送部
  松山南高校部活動(運動部・文化部)の活躍の様子は、こちらを御覧ください。
  
各部活動のページは各リンクを御覧ください(運動部 文化部)。




SSH校での学習・活動は新しい大学入試に非常に有利(全校生徒が課題研究実施)
 新しい大学入試における調査書では、高校3年間でどのような活動を行い、成果を上げたかを記載する場所が、従来の調査書に比べて大幅に増えています。
 松山南高校は、文部科学省からSSH(Super Science Highschool)に指定されており、全校生徒が高いレベルの課題研究や大学・企業と連携した活動を行い、さまざまなコンテストにも挑戦するので、調査書に記載する内容が他校に比べて圧倒的に多く、新しい大学入試に非常に有利です。

 ※松山南高校は文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)(先導的改革型)に20年連続して指定されており、大学や企業と連携した先進的な教育を実施しています(SSH指定校218校の中で先導的改革型の指定(令和2年度指定)は全国で本校と立命館高校の2校だけ指定。全国のリーディング校としてレベルの高い教育を行い、全国の高校から注目されており、毎年全国各地から多くの先生方が視察に来られる学校です。第5期SSHの取り組み内容はこちらになります。


生徒一人一台ノートパソコンの整備

 松山南高校では、4月から全校生徒に一人一台のノートパソコンが整備され、ICTを活用した先進教育がこれまで以上に推進されています。また、全教室WiFi、全教室電子黒板・50インチモニター、iPad170台が整備されています。
 さらに、全校生徒一人一人に無償でMicrosoftアカウントが付与され、「Microsoft Office365 Education」等の活用で、課題研究をはじめとした先進的な研究活動が行われています。
 文部科学省は、今、STEAM教育の推進
を掲げており、本校はSSH校であるため、すでに、他校より先に実践しています。
 STEAM教育とは、
Science, Technology, Engineering, Art, Mathematics 等の各教科での学習を、実社会での問題発見・解決にいかしていくための教科横断的な教育』です。ますます複雑化する社会で活躍する人材になるためには、多面的にものを考え、柔軟な発想力で課題解決方法を提案できるようになることが重要です。
 本校では、全校生徒が課題研究、教科横断型授業、アイデアコンテスト・各種事業への挑戦することで、このSTEAM教育を推進しています。これらの取組でこれからの時代を生き抜くために必要な
思考力・判断力・表現力・創造力等を育成」しています。このような取組は、新しい大学入試で大変有利になります。

 


南高教養アップ講座(大学の先生による専門講義)

 南高では全国各地の大学の先生を本校にお招きし、大学の専門講義を行ってもらい、生徒は、幅広い知識を得るとともに、自分の進路決定に大いに役立てています
 令和元年度の教養アップ講座を担当していただいた大学は、東京国際大学、九州工業大学、早稲田大学、愛媛大学、九州大学、京都大学、高知大学です。南高教養アップ講座の様子はこちらを御覧ください。



さまざまな学校行事で心身ともに健全な人格を形成

 リレー綱引き大会、修学旅行、遠足、ブロックマッチ(各学期2日間、合計4日間開催)、運動会、文化祭、オール松山南高校芸術文化発表会、校内マラソン大会、SSH研究成果報告会 ほか

 〇南高が行う先進教育 STEAM教育


〇南高の環境整備の推進

 

 

◆全国トップレベルの実績の松山南高校 理数科
 松南理数科のここがすごい!
 松山南高校には、普通科と理数科がありますが、理数科の生徒はSSHの中心で先進的な活動をしているため、特に素晴らしい成果を上げています。このため、普通科生徒の国公立大学合格は県内でトップレベルですが、理数科生徒は普通科生徒より高い実績を上げています

『松山南高校SSHの中心は「理数科」』
 

《理数科生徒のSSHでの活動例》
・大学や企業と連携した高いレベルの課題研究全国上位入賞の課題研究も多数、大学接続型課題研究)
・広島大学グローバルサイエンスキャンパス、愛媛大学グローバルサイエンスキャンパスで、大学の研究室に通い、継続して課題研究の指導
・愛媛大学と連携し、高大接続科目を設置し、愛媛大学に通い、大学の単位を修得(H29~R1 で73名の生徒が大学の単位取得
海外の高校や大学と連携し、国際的問題解決のための国際共同研究、国際交流を積極的に実施
 (H29~R1で海外で課題研究を英語で発表した生徒 
111名
   (連携先 建國高級中学・武陵高級中学(台湾)、Bridgeport Aquaculture Science and Technology(米国)、アメリカコネチカット大学等)

 ※新しい大学入試では、AO入試は「総合型選抜」に、推薦入試は「学校推薦型選抜」にかわります。新しい大学入試において、各大学ではこれらの入試で選抜する定員を増やしていくので、南高のSSHで活動した生徒のこれらの入試での合格率は今後さらに高まっていくと考えます。
◆「総合型選抜」…主に高校三年間の活動実績や目標達成への意欲、また資質といった基礎学力などを評価する試験形式
◆「学校推薦型選抜」…国公立大学では全体の9割以上の大学が実施



◆理数科生徒の先進的な取組の詳細は、松山南高校SSH専用ホームページのこちらを御覧ください。




『松山南理数科生徒は、先端科学・世界の舞台で活躍』

 理数科生徒の世界大会での入賞、日本代表選抜


◆卒業生からのメッセージ