非常変災時の対応

非常変災時の対応 

愛媛県立松山南高等学校   

 
1 開校日と休業日(部活動・グレードアップセミナー・模擬試験・補習等)の登校前に、次のいずれかの場合は、自宅待機または避難をする。また、学校教育活動(授業等)を行っている場合は中止する。

 

(1) 松山市もしくは居住市町に「特別警報」「暴風警報」「暴風雪警報」が発表れている場合。

 

(2) 松山市もしくは居住市町に「大雨警報」と「土砂災害警戒情報」がともに発表されている場合。

 

(3) 松山市雄郡地区(本校所在地)もしくは居住地区に「避難準備」「避難勧告」「避難指示」が発表されている場合。

 

(4) 地震・津波等の大規模災害が起こった場合。

 

(5) 上記以外で、自分と家族の安全確保のため自宅等で待機または避難が必要である場合。

 

2 正午までに、上記1(1)~(3)の「警報」または「避難情報」が、松山市と居住市町ともに解除された場合は、安全に十分配慮して登校する。ただし、安全確保や災害状況のために登校できない場合は自宅待機とし、学校に連絡する。

 

3 通学で利用する公共交通機関が災害や事故等で不通の場合は、他の交通手段を利用するなどして、安全に十分配慮して登校する。ただし、安全に登校できない場合や他の交通手段が利用できない場合は自宅待機とし、学校に連絡する。

 

4 大気汚染(PM2.5等)に係る注意喚起が発表された場合は、屋外での教育活動に関して適切な措置を取る。