部活動に係る活動方針

部活動に係る活動方針

 

愛媛県立松山南高等学校

 

 1 はじめに

 

 高いレベルでの文武両道を実現するため、また生徒の健康に留意しつつバランスの取れた健やかな成長を図るために、以下の活動方針を策定する。

 

 

2 適切な運営のための体制整備

 

(1) 部活動顧問は、本方針に従って年間の活動計画並びに毎月の活動計画及び活動実績を作成し、校長に提出する。

 

(2) 校長は、毎月の活動計画及び活動実績を確認することにより、部活動の活動内容を把握し、生徒が安全に部活動を行い、教師の負担が過度とならないよう、適宜、指導・是正を行う。

 

(3) 校長は、本方針と、年間の活動計画を学校ホームページで公開する。

 

 

3 合理的・効果的な活動の推進

 

(1) 校長及び部活動顧問は、部活動の実施にあたっては、生徒の心身の健康管理、事故防止及び体罰・ハラスメントの根絶を徹底する。

 

(2) 校長及び部活動顧問は、安全のための施設・設備の点検を定期的に実施するとともに、活動環境に留意し、熱中症等の事故防止に努める。また、AEDの使用方法等、事故発生時の対応について周知する。

 

(3) 部活動顧問は、競技種目や活動分野の特性を踏まえた科学的・合理的でかつ効率的・効果的なトレーニングや活動方法の積極的な導入により、休養を適切に取りつつ、短時間で効果が得られる指導を行う。 

 

 

4 適切な休養日と活動時間の設定

 

(1) 学期中は、週当たり1日以上の休養日を設ける。また月2回以上の休養日を休業日(土曜日、日曜日、祝日)に設ける。

 

(2) 長期休業中は学期中に準ずる。また、生徒が多様な活動に参加する時間を作るため、ある程度長期の休養期間を設ける。

 

(3) 定期考査発表中及び定期考査中は原則として部活動の練習・練習試合・大会参加は行わない。ただし、事情ある場合には校長の許可を得て1時間以内の活動を行うことができる。

 

(4) 休養日については、定期考査発表中、定期考査中、長期休業中の休養期間を含めて、年間を通して週当たり2日の休養日となるよう計画する。

 

(5) 1日の活動時間は、平日は19時00分までとし、年間を通して平均2時間程度となるよう計画する。

 

(6) 休業日の活動時間は3時間程度とする。大会、練習等で終日活動する場合は、他の日に休養日を割り振り、年間で平均3時間程度となるように計画する。

 

 

5 生徒のニーズを踏まえたスポーツ活動・文化活動に対応する環境の整備

 

 社会体育・地域活動で活躍する生徒の多様なニーズに応えるため、継続的に活動している生徒が公式大会・公式行事への参加を希望する場合に、参加できるように顧問を配置する。

 

 

6 参加する大会・行事の精査

 

 部活動として参加する大会・行事は、以下に該当するものとする。

 

(1) 愛媛県高等学校体育連盟、高等学校野球連盟、愛媛県高等学校文化連盟の主催・共催の公式大会と公式行事。

 

(2) 審議を経て公式大会・公式行事に準ずると認められた大会・行事。

 

(3) その他の大会・行事については、校長が教育上の意義や生徒、教師の負担等を考慮したうえで許可した場合のみ参加を認める。

 

(4) 県外の遠征と宿泊を伴う遠征は、長期休業中(ゴールデンウィークを含む)に行うことを原則とする。

 

 

7 その他

 

 本方針は、「愛媛県の運動部活動の在り方に関する方針」(平成30年6月27日)及び「愛媛県の文化部活動の在り方に関する方針」(平成31年3月29日)に則って定めるものである。