沿革

 

校 訓
 「自らを律せよ」

指導目標

 1 真理 真理を愛し、高い知性とあふれる創造力を育てる 

 2 純真 純真を旨とし、あたたかい心情と豊かな人間性を育てる

 3 自律 自らを律し、すこやかな心とたくましい体を育てる

 

校章

松山高等女学校

  梅の花を図案化したもの。花の中心に「女」の字を配し、そこには貞操の意が込められ、五つの花びらにもそれぞれ寛恕と忍耐、公平と至誠、節倹と労働、従順と謙譲、愛嬬と反省の意が込められている。

 松山南高等学校

  SOUTH(南)の「S」をもってわが校の表象とし、その上に「高」の文字を配したものである。また、Sを構成する横の三線は「真理」「純真」「自律」とそれらの相互関係を象徴し、生徒一人一人が心身の鍛練に精励することを念願したものである。

 

明治24年 10月  私立愛媛県高等女学校設立
明治29年  9月  私立愛媛実業女学校となる

明治31年  4月  私立愛媛高等女学校となる 
明治34年  4月  県立松山高等女学校となる
昭和23年  4月  県立第二高等学校となる 
昭和24年  9月  県立松山南高等学校となる 
(松山工業高校、伊予農業高等学校と統合)
昭和27年  3月  農業科分離 
昭和29年  3月  工業科分離 
昭和43年  4月  理数科設置