最新の松南日記

松南日記

第33回県総文祭 将棋部門 四国大会出場権獲得!

 11月16日(土)に行われた総合文化祭の将棋部門に出場しました。
 今大会は1次予選、2次予選、決勝トーナメントの構成で、ルールが若干異なります。
 決勝トーナメントの出場で、四国大会の出場権を得ます。
 1次予選は35グループに分けられ、グループ1位(全勝)のみ2次予選に進みます。
 本校は2名勝ち残り、2次予選に進みました。
 2次予選はトーナメントで行われ、ベスト8を決定します。
 本校は2年8組武智莉央さんが1名勝ち残り、決勝トーナメントに進むとともに、四国大会への出場権を得ました。
 また、級位認定戦も開かれ、参加した生徒は実力を発揮し、級位の認定を受けていました。2級(1級が一番上です)認定者もおり、自信につながったと思います。
 12月13日、14日に行われる四国大会に向けて、今後も頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。

フィリピンの講師とオンライン英会話

 本日、考査終了後、希望者を対象にiPadを使ったオンライン英会話の体験会を行いました。マンツーマンでフィリピンの講師と、生徒たちは笑顔で楽しく英会話していました。このような経験を積みながら、4技能の力をバランスよくつけていってほしいと思います。

R01高文祭参加報告 弦楽部

 第33回愛媛県高等学校総合文化祭 器楽・管弦楽部門が11月16日(土)、丹原文化会館大ホールで行われ、弦楽部は芥川也寸志作曲「弦楽のための三楽章 Ⅰ・Ⅳ」を演奏し、優秀賞をいただきました。これまでの練習の成果を発揮し、賞まで頂くことができて、部員一同大変喜んでいます。また、愛媛県合同オーケストラとして、E.エルガー作曲「弦楽セレナーデ Ⅱ・Ⅲ」を演奏しました。
 応援していただいた方々、ありがとうございました。
 芸術文化発表会へ向けて、気持ちも新たに練習に励みます!

11/15(金)~17(日)令和元年度第42回全国選抜高校テニス大会四国予選

 男子テニス部です。

 初日は公式練習、開会式、抽選が行われ、選手たちも試合に向けて気持ちを高めていました。

 2日目、結果は初戦で香川県予選1位の高松北高校と対戦し、0-5で敗れました。順位決定戦に回り、阿南工業に3-0で競り勝ち、何とか3位入賞に望みをつなげました。

 3日目、徳島県予選1位通過の城南高校と対戦し、0-3で敗れました。今大会で3位までに入り、全国選抜大会の切符を獲得することが目標でしたが、達成することはできませんでした。

 各県の優勝校のレベルの高さを痛感した3日間となりました。全国選抜に出場できなかった悔しさをバネに、冬練習に取り組み、来年の総体でもう一度四国大会に出場して、リベンジしたいと思います。応援・サポートありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。