最新の松南日記

松南日記

地理と英語による「教科横断型」授業の実践

 移民大国であるアメリカ合衆国に焦点を当て、人種問題や社会問題について主題学習を行いました。難しい単語も出てきましたが、アメリカの民族分布について学んでいた生徒たちからは、既習事項と絡めて多くの建設的意見も出されました。

 

第2回 和泉こども園訪問

 家庭クラブでは10月19日(金)に認定こども園和泉保育園を訪問し交流会を実施しました。今回は、「ハロウィン」をテーマに、絵本の読み聞かせ、織物づくり、折り紙製作を行いました。織物作りでは、役員手作りの織機に子どもたちが横糸を通してオリジナル壁飾りをつくりました。また、かぼちゃやオバケの折り紙にも、目や口を書き加え、チャーミングな作品に仕上げました。子どもたちの集中力と発想力に驚きながら、交流を楽しむことができました。

能楽ふれあいコンサート

 本日、愛媛能楽協会10名の方が来校され、1年生生徒対象に能楽ふれあいコンサートが行われました。能楽の概要説明、能面の鑑賞・説明の後、代表生徒と先生が仕舞の体験をしました。その後、舞囃子の鑑賞をしました。講師の先生が分かりやすく丁寧に説明していただき、また、実際に見たり体験したりすることができ、能楽を身近に感じる良い機会となりました。

人権・同和教育ホームルーム活動/人権の歴史Ⅱ

本日、2年9組で福澤教諭による人権・同和教育ホームルーム活動研究授業が行われました。人権課題に直面しているクラスメイトがすぐそばにいるという考えでホームルーム活動がスタートしました。6月に実施したホームルーム活動を振り返った後、事前アンケートの結果について各班に分かれ、各自が自分のこととして捉えて話し合いました。自分の問題として考え、行動することの大切さを学びました。

 

アクティブ・ラーニング研究授業/主体的に課題解決方法を考える

 本日、本校で理数科設置校連絡協議会が開催され、高橋教諭による3年生理数数学特論、若山教諭による2年生理数生物の研究授業が行われました。数学では、入試問題を様々な分野の幾何的な基礎知識を活用して解きながら、自分の考えを他の生徒と共有し、数学的思考力や表現力を高めることができました。また、理科ではパイナップルに含まれるプロテアーゼに関する探究活動を通して思考力を養うとともに生徒自身が課題解決のための実験方法をデザインしました。家庭基礎で学習した内容と関連付けて教科横断的な探究活動でした。