最新の松南日記

松南日記

華道部です。

 今日は笹やカーネーション、ケイトウを使って、七夕のアレンジメントを作りました。
 折り紙に書いたそれぞれの願いと、豪雨災害の一日も早い復興が叶うといいなと思いながら、短冊を飾りました。
 ブロックマッチの後でみんな少し疲れていましたが、楽しく活動することが出来ました

1学期ブロックマッチ

 7月11日(水)・13日(金)の2日間にかけてブロックマッチが行われました。
 白鷹・緑翠・黄鶴・紅炎の4つのブロックに分かれて競い、猛暑に負けない熱い戦いが繰り広げられました。
 応援も大いに盛り上がり、ブロックの団結が一層強固になったようです。

山地先生の研究授業

 本年度、愛媛大学教職大学院より来られている山地先生が、大学で開発研究している「アクティブ・ラーニング」を用いての研究授業を行いました。内容は2年5組の化学での「コロイド」という単元でした。
 生徒が事前に調べて置いた内容を、クラスメートに説明する展開で、各班が調べた内容をシート上にまとめ、掲示し、順番に回ってきたクラスメートに説明していました。説明する側も、説明を聞く側も一生懸命取り組み、熱心な質疑応答がなされていました。
 非常に興味深い授業展開で、山地先生の今後の研究が楽しみであるとともに、生き生きと活動していた生徒の姿がまぶしい授業でした。

1 授業風景

2 調べた内容の記述

3 説明内容の打ち合わせ

4 プレゼンテーション

SSHと家庭クラブのコラボ

 この度行われる、家庭クラブの幼稚園児との交流事業で、SSHの生徒が実験協力をすることになりました。

 実験内容は「酢酸ナトリウムの過冷却現象」と、難しめの内容ですが、実際には、園児の前で着色した酢酸ナトリウムの針状結晶がミルミルできてくるというものです。園児の驚いた顔が目に浮かびます。成功しますように。

1 交流内容

2 酢酸ナトリウム溶液

3 実験風景