最新の松南日記

2019年7月の記事一覧

第4回まつやま活性化コンテスト グランプリ

 7月13日(土)、第4回まつやま活性化コンテスト 最終審査に本校普通科3年生2名が参加し、見事、グランプリを獲得しました。おめでとうございます。2人が松山市久谷地域の資源と考えた、廃棄されるわらと竹林を活用した体験メニューを考え、プレゼンテーションを行いました。今後、施策実現(2019年10月26日)に向け、準備をしてまいります。

 

 

      2019年7月17日付愛媛新聞(掲載許可番号:d20190717-002)

7月9日(火)ブロックマッチ2日目

 天候が心配されましたが、予定されていたブロックマッチ最終日は、試合時間を短縮する形で何とか実施することができました。実施するにあたって、各委員会や部活動、係の生徒たちが準備を一生懸命に頑張ってくれました。ありがとう!!
 おかげさまで、この2日間でたくさんの笑顔を見ることができ、クラス、学年、そしてブロックを越えて仲間の絆がより一層深まりました。これからのブロック活動が楽しみです!

保育所訪問(7月8日実施:家庭クラブ)

 家庭クラブでは、和泉保育園を訪問し、交流会を実施しました。

 役員7名と一人一役の生徒6名が参加しました。○×クイズとじゃんけん列車で盛り上がった後、家庭クラブ中予支部研究会で教えていただいたフラダンスを園児と一緒に踊りました。曲目は「月の夜に」です。ハワイの海辺の雰囲気を感じる曲で、ハイビスカスや波、月をダンスで表現しました。園児からは「かもめの水兵さん」のフラダンスを披露してもらいました。

 短時間の交流会でしたが、楽しく充実した時間を過ごすことができました。

7月4日(木) 広島大学説明会・模擬講義

 4日(木)放課後、本校会議室にて希望生徒・教員約100名を対象に広島大学説明会・模擬講義が行われました。
 本校理数科OBでもある 水沼 正樹 准教授(広島大学大学院総合生命科学研究科)にお越し頂き、広島大学と工学部の概要についてお話いただきました。後半には、「微生物・動物を用いた健康長寿研究」と題して、先生が専門とされるアンチエイジング研究とモデル生物である酵母について、その一端を紹介して頂きました。
 水沼先生、ありがとうございました。

説明会の様子と質問する生徒