2019年6月の記事一覧

全校朝礼(表彰伝達)

 本日、全校朝礼で四国大会等の表彰伝達が行われました。
 四国大会では、ホッケー部が優勝、弓道部女子が準優勝、登山部女子が準優勝しました。
 放送部がNHK杯全国高校放送コンテストの朗読部門で優秀に選ばれました
 全国大会に出場する部活動もあります。ご声援をよろしくお願いします。

6月18日(火) 徳島大学理工学部説明会

 18日放課後、会議室にて徳島大学理工学部説明会を実施しました。理工学部教授 米倉 大介 先生にお越し頂き、25名の生徒、教員が参加しました。
 理工学部各コースの概要と入試制度・コース配属の説明に加えて、1・2年生向けに大学入試要項と大学案内の読み方、大学Webサイトでの情報の探し方なども指導して頂きました。
 米倉先生、ありがとうございました。

説明会と質疑応答の様子

令和元年度 第1回PTA理事会

 6月14日(金)に、本校会議室において、46名の保護者と学校理事とで標記の会が行われました。
 豊田PTA会長と染田校長の御挨拶の後、参加者の自己紹介、議事、写真撮影が行われました。議事では、本年度のPTA専門委員秋の活動内容が確認され、各大会への参加者も決定されました。本年度のPTA専門委員会も積極的に活動されますよう、御協力をお願いいたします。

四国高等学校ホッケー選手権大会 優勝

 四国高等学校ホッケー選手権大会が香川県三菱ケミカル坂出グラウンドで行われ、決勝で高松東高校をSO(シュートアウト)で3対2で破り、6年ぶり16度目の四国大会優勝を決めました。おめでとうございます。インターハイに向けて改善点を修正し、全国大会で活躍していきたいと思います。応援いただいた皆様、誠にありがとうございました。

          2019年6月17日付愛媛新聞(掲載許可番号:d20190617-014)

第60回四国高等学校弓道選手権大会 報告

 6月15日、16日に愛媛県総合運動公園弓道場で、第60回四国高等学校弓道選手権大会が行われました。本校からは、愛媛県総体で出場権を得た、女子団体と女子個人の古岩晴菜さんが出場しました。
 個人の結果は、決勝進出を果たしたものの、決勝で敗れ、惜しくも5位となりました。インターハイでは、上位入賞を目指して、千射万箭の気持ちで練習に励みたいと思います。
 女子団体では、準決勝で愛媛県対決となった西条高校戦を12対10で制し、決勝に進出しました。愛媛県勢の思いを背負って戦いましたが、あと一歩及ばず、徳島市立高校に敗れ、準優勝となってしまいました。この悔しさをバネに練習し、来年は必ず優勝します。
 今日は模試終わりで多くの3年生が応援に駆けつけてくれました。また、1、2年生も補助員や応援で大会運営を円滑に行い、大いに盛り上げてくれました。こうした部員の支えがあって初めて試合で結果が残せるのだと思います。本当にありがとうございます。
 これからは、新チームとして始動します。しかし、こんなにも弓道に関わってくれる生徒がいるので、新チームでも必ず良い結果を残してくれると信じています。今日で引退する3年生の皆さん、本当にお疲れさまでした。また、いつでも弓道場に遊びにきてください。

            2019年6月17日付愛媛新聞(掲載許可番号:d20190617-015)

6月14日(金) 修学旅行説明会

 6限目のHR活動の時間を利用して、来年度に予定されている「修学旅行説明会」を実施しました。普通科は卓球場で、理数科は自教室で行いました。
今年度と同様に普通科は北海道コースとハワイコースの選択、理数科は台湾コースとなります。それぞれの旅程表の説明を受けました。

人権・同和教育ホームルーム活動/タブレットの活用

 本日、3年5組において、人権・同和教育ホームルーム活動が行われました。進学の場面で実際に起こった差別問題をもとにどのようなことが差別選考につながるか、タブレットを活用して、模擬面接を見たり、アンケート結果や各班での話し合い結果を全員で共有したりして考えを深め、就職や進学で公正な選考が行われることの大切さについて理解を深めました。

6月13日(木) 壮行会

 本日、四国高等学校選手権大会並びに愛媛県高等学校総合体育大会出場選手壮行会が行われました。
 四国大会出場が登山部男子、登山部女子、弓道女子、ホッケー、陸上競技の計37名、県総体出場が総合活動部の水泳が3名です。
 校長先生の激励のことばの中に「悔いのない、悔いの少ないプレイを選択することが勝利につながる」という言葉を選手に送られました。
 選手代表謝辞では弓道部女子主将の古岩さんが「千射万箭」を忘れずに大会に臨みますと大会への意気込みを宣言しました。

みなら特別支援学校・新北市立特殊教育学校との三校合同交流学習

 6月12日(水)に、みなら特別支援学校で交流学習が行われました。本校からは1年生理数科の生徒が参加しました。障がい者スポーツの体験などを通して、互いに助け合い、共に生きることを考える貴重な経験ができました。台湾の新北市立特殊教育学校の生徒からお土産を頂き、また、校歌等の披露等もあり、とても充実した交流学習でした。みなら特別支援学校と新北市立特殊教育学校の皆さん、本当にありがとうございました。