最新の松南日記

カテゴリ:部活動報告等

全国高等学校選抜大会(弓道部)

 あけましておめでとうございます。今年も松山南高等学校弓道部をよろしくお願いいたします。
 少し遅くなってしまいましたが、全国高等学校選抜大会の結果報告です。12月23~25日に群馬県前橋市のアルソック群馬アリーナで第38回全国高等学校弓道選抜大会が行われました。結果は、予選敗退となり2年連続で全国の厚い壁を感じました。
 全国大会で予選突破をするために、まだまだ精神面から成長していくことが大切だと気付き、日頃の授業態度や生活態度から改善していかなければいけないと思いました。そのために、今年から新しい取り組みも始めています。普段から周りを気遣い、広い視野を持つことで客観的に自分を見つめることができれば、緊張した試合中にも細かい射の修正ができるようになると思います。
 インターハイ出場と全国大会での予選突破を目標に今年も千射万箭の思いで練習に励んでいきたいと思います。

12月の家庭クラブ活動と年末のご挨拶

12月の家庭クラブ活動について、ご報告いたします。
(1) 保育所訪問
   第3回保育所訪問を12月20日に実施しました。今回のテーマはクリスマスパーティーです。ハンドベルの演奏の後、プレゼントに見立てた風船を乗せたそり引きゲームをしました。その後、サンタクロースに扮した高校生からお手玉のクリスマスプレゼント(一人一役の生徒が手作りしたお手玉)を渡しました。今回も園児の笑顔に癒やされ、充実した交流にすることができました。

(2) 特別養護老人ホーム「白寿荘」訪問
   12月24日、白寿荘を訪問して一人一役の生徒が手作りした床頭台敷をプレゼントしました。施設のお年寄りは高校生の訪問を大変喜んでいただき、たくさん話しかけてくださいました。来年も良い一年になりますように、と声をかけさせていただきました。

(3) 特別養護老人ホーム「久谷荘」、養護老人ホーム「江南荘」訪問
   12月25日、1年生全員が心を込めて手作りした年賀状を久谷荘と江南荘に届けました。1年生は年賀状を書くことで、お年寄りへの理解が進み、また、思いを文字にして届ける大切さを体感することができました。施設の方々に喜んでいただき、笑顔でお礼を言ってくださいました。

 家庭クラブでは、来年も学校や地域の皆さまにとって、満足できる充実した活動を企画運営していきたいと思います。引き続き家庭クラブ活動への参加をよろしくお願いします。
 皆さま、良いお年お迎えください。

第16回 四国地区高等学校文化連盟将棋選手権 報告

 12月14日(土)・15日(日)に徳島県で行われました上記大会に、県大会上位入賞を果たした武智莉央さんが出場しました。
 将棋に打ち込んできた選手がひしめく中、苦戦を強いられましたが、3勝を挙げることができました。負け切れの対局では、秒単位での時間の使い方が勝負の明暗を分ける場面が多く、今後の課題となりました。
 この経験を部内で共有し、総合文化祭など、各種大会につなげていきたいと思います。
 応援ありがとうございました。

吹奏楽部出演

12月8日に行われた「天皇陛下御即位奉祝県民まつり」に本校吹奏楽部が出演しました。
大街道で55名の部員が、「エルガー 威風堂々」、「内藤淳一 栄光をたたえて」、「團伊玖磨 新祝典行進曲」の3曲をを演奏しました。

 

令和元年度愛媛県高等学校弓道新人大会中予地区予選

 12月8日に松山西中等教育学校弓道場で令和元年度愛媛県高等学校弓道新人大会の中予地区予選が行われました。結果は、男子団体が優勝、女子団体が3位となり、1月に今治西高校が行われる県大会に出場することが決まりました。今回も多くの生徒が応援に駆けつけてくれました。選手が試合に集中できるのも、こうした生徒たちが配慮してくれたり、応援してくれたりするおかげです。ありがとうございました。
 この大会から1年生が主力として出場するようになり、1年生男子の部では、渡部陸君が優勝、高橋玲君が2位になりました。また、2年生女子の部では、田村真菜さんが3位となりました。今回は、思うような結果が出なかった生徒が多くいたので、その悔しい気持ちをバネにこれから練習に励み、県新人でも結果が残せるように頑張ります。