カテゴリ:部活動報告等

家庭クラブ活動報告

【6月3日家庭クLOVEリン(料理講習会)】
 メニューは「もちもち団子」で、きなこ・みたらし・チョコ味が選択できます。2部制にして短時間で完成、加熱調理、持ち帰りができるメニューにしました。約30名の参加者からは、「練る作業に少し手間取ったけれど、先輩がアドバイスを下さって、早く上手に作れました。楽しかったです。」「中学生の時は学校で調理をする機会が少なかったけれど、高校に入ってこのような活動ができて良かったです。有意義な時間を過ごすことができました。」等の感想が寄せられ、大変好評でした。次回は冬に実施する予定です。

【6月カーテン洗濯】
 一人一役活動として、教室のカーテン洗濯を実施しています。カーテンを外すのは簡単ですが、洗濯後に金具を取り付けたり、レールに金具を引っかけたりするのに手間取り、苦戦する姿が見られます。協力してカーテンが元通りになると、教室が明るく清潔になっています。

松山南高校家庭クラブ活動報告

 合格祈願のお守りとして(今回はあくまでお守りです)、共通テスト直前の3年生に「合格ッキー」を贈呈しました。

 今までの感謝と応援の気持ちを込めて、1年生が(感染対策として1班2名で)クッキーを焼き、2年生がメッセージカードを書きました。そして、今朝は早朝から家庭クラブ役員が準備作業を行い、SHR前に担任の先生方に手渡すことができました。

 「合格ッキー」で気持ちを和ませ緊張をほぐし、持てる力を十分に出し切って下さい。後輩みんなで先輩方のことを応援しています!

 

12月家庭クラブ活動報告

1・2年生の家庭クラブ員が一人一役活動として製作した手芸品を地域の方々にプレゼントしました。
(1)ドーナツストラップ、お手玉贈呈
  メッセージカードを添えたドーナツ型のストラップとお手玉を法龍寺こども園と和泉保育園に贈呈しました。
  今年度初めての訪問となりましたが、プレゼントを手渡しすると、子ども達は喜んでくれ、一緒に写真を撮ることができました。再び交流できる日を楽しみにしています。


(2)床頭台敷贈呈
  タオルにフェルトやレースなどの模様をつけた床頭台敷を白寿荘に贈呈しました。


(3)年賀状送付
  手書きの年賀状を江南荘と久谷荘に送付しました。心をこめたメッセージと干支のイラストで、新年のお慶びを届けられると思います。
  家庭科の学習を生かして、地域社会に貢献できれば幸いです。来年もよろしくお願い致します。

第41回全国高等学校空手道選抜大会四国地区予選

 12月18日(土)、伊予三島運動公園体育館にて、第41回全国高等学校空手道選抜大会四国地区予選が行われました。2年の篠原光音さんが、女子個人形の部に出場して4位となり、3月に宮城県で開催される全国高等学校空手道選抜大会に出場することになりました。おめでとうございます。

家庭クラブ活動報告:令和3年三校交流活動

 11月6日(土)に松山工業高校の生徒さんとともに、地域の清掃活動を行いました。参加した約50名が3グループに別れ、学校周辺の通学路を清掃した結果、小一時間でたくさんのゴミを集めました。地域の美化に貢献することができたと同時に、ゴミ捨てのマナーを守ることの大切さを実感しました。
 清掃後は、松山中央高校の家庭クラブ役員さんが加わり、3校合同の交流会を行いました。各校の家庭クラブ活動を紹介した後、交流しながらフォトフレームの飾り作りを楽しみました。近隣校が工夫して行っている家庭クラブ活動は参考になる点が多くあり、今後の南高の活動にも活かしたいと思いました。

松山南高校家庭クラブ活動報告

 10月23日(土)にえひめ消費者志向おもいやり経営~消費者・事業者交流広場~(於エミフルMASAKI)の会場で、みつろうラップづくりのボランティアに参加しました。
 みつろうラップは、食品の保存に使われるプラスチック製ラップの代わりに、洗って何度も使えるエコなラップです。まず愛大生に教わり自ら作って体験した後、子どもから大人まで、大勢の方々のお手伝いをしました。家庭クラブ役員たちは「作り方は簡単だけどコツが必要」「伝えるのが難しかったが、完成後、喜んでもらえてよかった」「家で野菜を包む時に使います」などと感想を述べていました。
 コロナ禍により、校外で活動する機会がほとんどなかったため、学び多い、大変貴重な機会となりました。

カウントダウンボードカバー(松山南高校家庭クラブ活動報告)

  令和4年度に全国高等学校総合体育大会が四国で開催されます。依頼を受け、吉田高校が製作したカウントダウンボードの、劣化防止カバーを製作しました。型紙づくりから始まり、デザイン、材料調達、裁縫、試作品づくりと約2か月を経て、とうとう完成させることができました。
  製作をした家庭クラブ役員たちは「地道な作業が続いたが、仲間と協力して完成させることができた」「インターハイへの興味が高まった」「完成後、食物教室に展示している間、たくさんの生徒から声を掛けてもらい、達成感が感じられた」とコメントをしていました。カウントダウンボードは来年8月下旬まで、宇和島市のきさいや広場に設置されます。
  四国で開催される大会を支える活動に参加・貢献することができて、有意義な活動になりました。

3週間ぶりに部活動再開

 松山市における県立学校(9校)について、8月30日から9月19日までの3週間、部活動が原則禁止となっていました。愛媛県教育委員会から、始業時間の繰下げ等の対応については、9月19日までで終了とする通知があり、9月20日(月)から、部活動が再開となりました。部活動の活動時間等、制限は続きますが、グラウンドや体育館等に、生徒の笑顔が戻ってきました。気を緩めず、感染症対策はしっかり行いながら、もとの生活スタイルに戻していきましょう。なお、授業についても、明日、9月21日(火)より、8時25分からSHR、その後50分授業と、通常に戻ります。

第33回全日本高校大学ダンスフェスティバル

 本校ダンス部が、8月11日から神戸で開催された第33回全日本高校大学ダンスフェスティバル大会に出場しました。無観客・公式練習・場当たり練習なしという感染症対策を万全に施した中での開催でした。
 本校ダンス部は1,2年生を加え25名で臨み、県総体作品をより重厚感のある作品「弥勒」に仕上げました。目標としていた予選を勝ち抜き、決戦の舞台で踊ることができました。

 たくさんの応援、激励を頂き本当にありがとうございました。

全国高等学校空手道選手権大会報告 (総合活動部 空手)

 8月13日(金)から富山県中新川郡上市町の中山総合運動公園大アリーナにて、第48回全国高等学校空手道選手権大会が開催されています。
 本校から2年9組の篠原光音さんが、個人形の部に出場しました。
 コロナ感染の拡大する中、5県をまたぐ長旅でしたが、無事演武を終えることができました。
 グループの中で1番バッターでしたので、なかなか緊張感のある大会になりましたが、自分の力を出し切ることができたようです。全国のレベルの高さに学ぶことの多い、大変貴重な経験をすることができました。