カテゴリ:部活動報告等

South Wind Orchestra ~ Thanks Concert ~の御礼(吹奏楽部)

 6月27日(土)・28日(日)に愛媛県生涯学習センター(県民小劇場)において、標記のコンサートを開催することができ、部員全員で演奏する最後のステージを披露することができました。
 全日本吹奏楽コンクールをはじめとして公式大会が中止になり、3年生は目標を失ってい
ました。しかし、このような形でお世話になった家族や先生方、OB の方々へ感謝の気持ちを伝えるコンサートを開催することができ、部員全員で校歌を演奏して締めくくることができました。本当に感無量です。感染症予防対策や運営にあたり御尽力いただいた先生方、保護者会の皆様、県民小劇場のスタッフの方々に、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 

部活動 ステップⅠ(コンディショニング期)

 各部活動が、県教育委員会の通知を踏まえ、ステップⅠ(コンディショニング期)として活動を再開しました。生徒と生徒の身体距離を2m程度取ったうえで、個人スキルの習得、接触を伴わない活動を行っています。条件付きの部活動ですが、生徒の顔には久しぶりに自分の部活動に取り組める喜びとやる気がみなぎり、どの生徒もいい顔をしていました。

吹奏楽部生徒によるリモート合奏

 松山南高校吹奏楽部の皆さんが、1年生に校歌を覚えてほしいという思いから、各家庭からリモート合奏を行いました。是非見てください。

 

 

学校が再開したら、リモート合奏では届けることのできない南吹サウンドを響かせたいです。

砥部焼き梅ちゃんズの七折梅まつりでの活動中止(3月7・8日)

 この度のコロナウィルスの影響で、七折梅まつりそのものが3月3日をもって中止になったのに伴い、砥部焼梅ちゃんズの活動も中止することになりました。七折梅まつりでの砥部焼梅ちゃんズの活動を楽しみにしていただいていた方々には申し訳ありません。また、釉薬についていろいろとお問い合わせいただきありがとうございました。
 この研究は、分校デザイン科とのオール松山南高で行っているものであり、松山市や砥部町で行われる行事にもできるだけ参加し、研究結果・成果をお見せしていきたいと思っていますので、その節にはよろしくお願いいたします。
 さて、先日のHPで、デザイン科の生徒制作の梅をイメージした豆皿の窯出しが3月3日に行われると御案内させていただきました。その結果、本来なら赤くなる予定でしたが、淡い青磁のようなきれいな色になりました。この作品は、七折の白梅を表したきれいなものです。でも、ちょっとした還元状態の違いにより、このような色に変化が生じることで、天然釉の発色に改めて強い興味を感じました。

第4回保育所訪問

 家庭クラブでは2月7日(金)、保育園との交流会を実施しました。一人一役の生徒や希望者を含めて13名で参加しました。今回は、節分にちなんで、「節分に関するクイズ大会」「おにの福笑い」「手品」を実施しました。どの活動も大盛り上がりで、園児と一緒に楽しむことができました。
 今年度4回の交流会を実施しましたが、幼児の成長のスピードに驚きつつ、幼児との望ましい関わり方を身に付けることができてきました。貴重な機会を提供していただいた和泉保育園に感謝申し上げます。来年度も引き続き、よろしくお願いいたします!

12月の家庭クラブ活動と年末のご挨拶

12月の家庭クラブ活動について、ご報告いたします。
(1) 保育所訪問
   第3回保育所訪問を12月20日に実施しました。今回のテーマはクリスマスパーティーです。ハンドベルの演奏の後、プレゼントに見立てた風船を乗せたそり引きゲームをしました。その後、サンタクロースに扮した高校生からお手玉のクリスマスプレゼント(一人一役の生徒が手作りしたお手玉)を渡しました。今回も園児の笑顔に癒やされ、充実した交流にすることができました。

(2) 特別養護老人ホーム「白寿荘」訪問
   12月24日、白寿荘を訪問して一人一役の生徒が手作りした床頭台敷をプレゼントしました。施設のお年寄りは高校生の訪問を大変喜んでいただき、たくさん話しかけてくださいました。来年も良い一年になりますように、と声をかけさせていただきました。

(3) 特別養護老人ホーム「久谷荘」、養護老人ホーム「江南荘」訪問
   12月25日、1年生全員が心を込めて手作りした年賀状を久谷荘と江南荘に届けました。1年生は年賀状を書くことで、お年寄りへの理解が進み、また、思いを文字にして届ける大切さを体感することができました。施設の方々に喜んでいただき、笑顔でお礼を言ってくださいました。

 家庭クラブでは、来年も学校や地域の皆さまにとって、満足できる充実した活動を企画運営していきたいと思います。引き続き家庭クラブ活動への参加をよろしくお願いします。
 皆さま、良いお年お迎えください。

第16回 四国地区高等学校文化連盟将棋選手権 報告

 12月14日(土)・15日(日)に徳島県で行われました上記大会に、県大会上位入賞を果たした武智莉央さんが出場しました。
 将棋に打ち込んできた選手がひしめく中、苦戦を強いられましたが、3勝を挙げることができました。負け切れの対局では、秒単位での時間の使い方が勝負の明暗を分ける場面が多く、今後の課題となりました。
 この経験を部内で共有し、総合文化祭など、各種大会につなげていきたいと思います。
 応援ありがとうございました。